仙台駅 運動美容 スパ シャンパレスの武内です。

お酒を飲んだあとに、食べたくなる〆のラーメン。なぜ食べたくなるのか??
それは、なんと脳のエネルギー不足からなんです!

まず、体内に入ったアルコールは肝臓に運ばれ、酵素によって分解されます。肝臓は炭水化物などのブドウ糖や脂肪酸からブルコースやグリコーゲンといった脳に必要なエネルーギーも作っています。しかし、肝臓の働きとしてはアルコールを分解することのほうが重要な働きのため、アルコールを摂取すると脳に必要なエネルギーを作るのが後回しになってしまうのです。
ラーメンやごはんに代表される炭水化物は、消化されてブドウ糖などのエネルギーに変わります。
つまり、お酒を飲むことでアルコール分解を一生懸命した脳がエネルギー不足になり、エネルギーを作ろうとして炭水化物を欲するのです。だから〆のラーメンが食べたくなるのですね。
さらに、肝臓でアルコールを分解してくれる物質が作用するには、うま味物質の一種である「イノシン酸」が必要になります。
イノシン酸は、鰹節やお肉に豊富に含まれるうま味成分で、豚骨でダシをとるラーメンにはイノシン酸が豊富に含まれていますよ。

ちなみに、ビールにはカリウムが多く、ナトリウムが少ないのです。が、カラダは体内のカリウムとナトリウムのバランスを保とうとします。つまり、ビールを飲んでカリウムが過剰になると、ナトリウム=塩分が欲しくなるのです。それによって、脳が〆のラーメンを欲しがるということにもなりますね。
ビールを飲むときには、おつまみに気をつけてみてください。アルコール分解を助けてくれる、鰹節ののったやっこや枝豆、あさりの酒蒸し、しじみ汁、豚肉料理など、ビタミンB群の多い食べ物を選ぶと、脳がエネルギー不足にならず、〆のラーメンを食べずにすみますよ~。
ダイエットの天敵炭水化物