仙台 岩盤浴 運動 スパシャンパレス  小山です。

人間の活動は

【食べる、動く、寝る】の3つに分けられ、1つでも質が落ちたら快適に過ごせません。それには、食べながら仕事をするなど。2つ以上の行動は重ねず生活することがきほんです。何を食べるかの前にどう食べるかをすることが大切です。

「この飲み物を飲むとホッとする」「昨日は食べ過ぎたから今日は少しにする」など、自分の体の声を聞くことがポイント。の上で、疲れに効く、疲労回復食を食べれば体が整って疲れにくくなるはずです。

☆疲れに効く食材

①鶏むね肉   鶏むね肉に含まれる疲労回復物質イミダペプチドが豊富の注目食材。豆腐ハンバーグやかぼちゃのそぼろ煮、ドライカレーにするのもおススメです。

②グレープフルーツ  ビタミンCが豊富で、さわやかな香りが交感神経と副交感神経の切り替えを手助けします。

③ミニトマト   抗酸化作用のあるビタミンA、Cが豊富。油と一緒に摂ることで栄養の吸収率がアップ。加熱すると旨味が増し、味噌汁の具にしたり、煮詰めてソースなどがおススメです。

④鮭   今が旬の鮭は睡眠ホルモンであるセロトニンは鮭などに多く含まれるトリプトファンから生成されます。塩焼き以外にも石狩汁やクリーム煮、南蛮漬けなどの食べ方も良いですね。

⑤発芽玄米  ミネラル、食物繊維が豊富で、脳の興奮を鎮めるGABAが含まれている発芽玄米。白米に混ぜたり、炊き込みご飯やリゾットにして食べるのもおススメです。

⑥豆乳とゴマ  大豆は優秀な食物タンパク質。消化を助けるビタミンB6が豊富なゴマといっしょに摂ることで効果アップ。豆乳鍋、飲むヨーグルトと混ぜて使っても◎

⑦ミックスナッツ   ナッツに含まれる不飽和脂肪酸は抗酸化作用がある上に、カルシウムやマグネシウム、ビタミンEも豊富。サラダのトッピングやはちみつ漬けも新鮮!

⑧ジャコ   骨の強化のほか、イライラを鎮めたり神経伝達の働きを手助けしたりするカルシウムが豊富。サラダのトッピングや和え物、ご飯にふりかけてもよし!

運動や日々の仕事の疲れを毎日の回復食の工夫で、疲労を翌日に残さず、体の生まれ変わりをしていきましょう(╹◡╹)