仙台 岩盤浴 運動 ヨガ スパ シャンパレス 小山ですです。

まだまだ暑い日が続いている仙台ですが、アルコール好きにとっては、暑いのもまたアルコールが進みます。晩酌が欠かせない!ビールが進むー。なんて女性も増えているようです。私もその一人。晩酌はやめられません。

お酒の中には糖質がたっぷり含まれているのも多いです。ビール、ワイン、梅酒、カクテルは代表的です。
当然、カロリーも高く太りやすいわけですが、飲むなと言われるとストレスになるので、

ここで賢い晩酌メニューのコツをご紹介しますね(╹◡╹)

まず一つは、糖質が多いお酒を飲む場合は、ご飯の量を減らすこと。ビール1缶と茶碗半分のご飯の糖質量はほぼ同じと考えていただければ簡単ですね。ビールを飲む日は茶碗半分に減らす。ビール2缶で糖質を摂るより満足感があり、寝る前に空腹が訪れるのも防げます。

もっと気をつけたい!

という方は、おつまみの選び方。ポイントは脂質控えめで噛みごたえがあるものを選びましょう。一番いいのは野菜!、次いで、イカ、たこ類、そして、ササミや砂肝、もつなど。脂肪の燃焼を促す唐辛子や柚子胡椒、黒胡椒など活用するのも効果的です。
食べる際は、いきなりビールを飲むのではなく、野菜やおつまみから食べ始めること。これだけでも血糖値の急上昇を防げるし、満足感も得られ、食べ過ぎを予防できます。
嬉しいことに、晩酌のおススメ食材は、体脂肪撃退に最適なものが多いのです。イカ、タコなら含まれるタウリンは肝機能をアップさせるし、キムチのカプサイシンは脂肪の燃焼を促進、枝豆のビタミンB1は糖質の代謝を促してくれます。こうした食材を活用すれば、楽しい晩酌タイムを太ることを恐れずに満喫できそうですよね。