仙台 岩盤浴 トレーニング スパシャンパレス

なんだか疲れが取れない、やる気になれない、食欲がわかない。

これまでの夏を思い返してこんな不調に心当たりがあるならばそれは自律神経の乱れが原因かもしれません。

暑いところでは体温が急上昇し、寒いところでは冷えきってしまう。このように変温動物化している人が増えていますが、これは自律神経が乱れている証拠。交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいっていないから、体温調節や代謝ができなくなっているんです。

気温の変化だけではない。

暑い時期は冷たいものが食べたくなるが、これも冷えのもと!冷えは血管の収縮を招き血流を悪くさせるが、これはだるさや疲れを長引かせる原因となります。逆に体を温めれば自律神経を整えることにつながります!冷房で冷えやすい夏こそ、

実は””温活””が必要なんです。

さぁ、チェックしてみましょう!

●無気力になる

●体がだるい

●全身疲労感

●食欲不振

●立ちくらみがする

●下痢、便秘

そんな時は

 

食生活を心がける!→根菜類、ネギ、青魚、発酵食品や香辛料などは体を温めるのでおススメです!

睡眠時間を確保し、生活リズムを崩さない→良いホルモンはリラックスさせたり、免疫力もアップさせます!夜10時〜深夜2時までに質の良い睡眠を心がけましょう!

ぬるめのお湯にゆっくり浸かる→血流をアップさせるには、体温プラス2℃程度の38〜39℃くらいのお風呂がおススメ。リラックス効果間違いなしです!体に水圧がかかればかかるほど血流が促されます。

そして、

大切なのは、体を運動して温めること!

岩盤浴は体の内側も温め、血行促進!だるさも疲労感もなく、すっきりするのを感じてくださいね(╹◡╹)