お尻、太ももの脂肪が落ちない。

上半身は痩せても、下半身が減らない。 ……こんなお悩みありませんか?

 

とにかく下半身は痩せにくい!!

もしかしたらその原因は、『反り腰』にあるかもしれません。

骨盤の角度【前傾】が下半身太りの原因となることが分かっています。

※骨盤前傾:骨盤が前に倒れ、お腹が突き出して腰が反っている状態。

 

Q.骨盤が前傾=『反り腰』になるとどうなるの??

A. ☑太もも前にボリュームが出る

☑足首は細いが、ふくらはぎは太い

☑お尻が大きい

☑お腹に脂肪がつきやすい

 

筋肉が短すぎたり、長すぎたり、、

全体の筋肉バランスが乱れていると反り腰になりやすいです。

 

がむしゃらにトレーニングはNG✘

バランスよく鍛えることが大切です。

 

◆『反り腰』の人が弱化している筋肉部位

・コア(体幹):腹横筋、骨盤底筋

・腹筋:外腹斜筋、腹直筋

・臀部(お尻):大殿筋、中殿筋(後部)、外旋六筋

弱い筋肉をしっかりと鍛えることで正しい骨盤の位置に戻します。

 

あなたの姿勢は大丈夫ですか??

トレーニング、食事制限だけでは痩せないときもあります。

まずは原因を知りましょう!!

1人ではわからないときはいつでも私たちスタッフがお手伝いします(^^)