仙台 岩盤浴 運動 ヨスパシャンパレス 小山です!

健康を気にしたり、ダイエットの大敵と思う人もいるかもしれませんが、昔から「酒は百薬の長」と言われています。アルコールで気分が良くなり、友人とワイワイもり上がることでストレスが解消されるなら、お酒を飲むことはむしろ健康的であると言えるでしょう。
ただし、飲み過ぎは肝臓に負担がかかってしまいます。アルコールが肝臓で分解される際、肝臓に軽いストレスが与えられます。アルコールの過剰摂取で肝臓に負担がかかりすぎるのを避けるためにも、週に1〜2回程度休肝日をもうけるようにしましょう。
肝臓への軽い刺激であれば、免疫力を上げるだけでなく、血行促進や心臓病の予防にもなるという効果も期待できます。
もちろん、飲むときは必ず適量を守りましょう。アルコール健康医学協会から一日の摂取量の目安が公表されていますが、許容限度は人それぞれです。そのため、自分の適量は自分自身で見極めるしかありませんが、目安としては「次の日にまったく残らない程度」です。守れてます?
私はかろうじて大丈夫です。晩酌が欠かせない女性ならば大丈夫かな?次の日に残らない程度なら鉄則ですもんね。

翌日、頭が痛くなったり気分が悪くなったりするようであれば、それは確実に飲み過ぎです。肝臓だけでなく、そのほかの臓器への負担も大きく、病気の引き金となっていまします。

逆にいうと、飲み過ぎて二日酔いにならない程度の飲酒はストレス解消と免疫力強化に効果的ということ!我慢しているダイエッターの皆さん、我慢しないで!
酒は百薬の長ですよ(╹◡╹)